カテゴリー

« 「ハーバード大学コレクション展」(古書) | トップページ | 「わたしの画廊 わたしの画家」(古書) »

フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー(1928-2000)

オーストリアのウィーン生まれ。渦巻きなど直線を排除したデザインが特徴的な画家、建築家。
フンデルトヴァッサーの作品には単純な直線や灰色のコンクリートなどによって画一化されてしまう建物や身の回りの世界を拒絶し、自然との調和のなかで個人が主体性や個性を自由に発揮できる世界を取り戻すべきだという彼の理念が視覚イメージとして強く表現されています。
日本では「フンデルトワッサー」という呼び方も多く用いられます。

« 「ハーバード大学コレクション展」(古書) | トップページ | 「わたしの画廊 わたしの画家」(古書) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ハーバード大学コレクション展」(古書) | トップページ | 「わたしの画廊 わたしの画家」(古書) »