カテゴリー

« 「ジャン・ジャンセン展 愛と哀しみを描いて60年」(古書) | トップページ | 「眼球譚」(古書) »

「セザンヌとの対話」(古書)

おすすめ本は 町の入口ホームページ町の入口Yahoo!ショッピング店 で在庫確認できます。



◎おすすめ本

セザンヌの絵画思想を誠実に伝える。エクス周辺の風景や身近なモデル、静物に主題を求め、頑強な画作に精進していた晩年のセザンヌと、最も親しかった詩人ギャスケが田園や、ルーブル博物館、セザンヌのアトリエで交わした会話の収録。(帯より)

ジョアキム・ギャスケ(成田 重郎 訳)、1981年、東出版
122頁、図版12(内、カラー1)、21×15cm、ソフトカバー、定価1000円

« 「ジャン・ジャンセン展 愛と哀しみを描いて60年」(古書) | トップページ | 「眼球譚」(古書) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ジャン・ジャンセン展 愛と哀しみを描いて60年」(古書) | トップページ | 「眼球譚」(古書) »