カテゴリー

« 「芸術新潮 1998年11月 特集:《睡蓮》極楽紀行「オランジュリー」はパリのオアシス」(古書) | トップページ | 「太陽 1994年7月 No.397 特集:憧れのプロヴァンスへ」(古書) »

「別冊太陽 100人が感動した100冊の絵本(1978-97年)」(古書)

おすすめ本は 町の入口ホームページ町の入口Yahoo!ショッピング店 で在庫確認できます。



◎おすすめ本

「100人が感動した100冊の絵本」選:小野明。
掲載の絵本は、赤羽末吉「そら、にげろ」、東逸子「翼の時間」、姉崎一馬「はるにれ」、安野光雅「天動説の絵本-てんがうごいていたころのはなし」、荒井良二「はじまり はじまり」、飯野和好「ハのハの小天狗」、伊藤秀男「海の夏」、いとうひろし「ルラルさんのにわ」、井上洋介「まがれば まがりみち」、岩村和朗「ひとりぼっちのさいしゆうれっしゃ」、宇野亜喜良「白いサーカス」、太田大八「絵本タルタル10」、大竹伸朗「ジャリおじさん」、おばまこと「モンスター・ムシューとめんどり」、片山健「おなかのすく さんぽ」、梶山俊夫「わが西山風土記」、菊池日出夫「のらっこの絵本」、木葉井悦子「やまのかぜ」、木村昭平「不思議なロンゴ・ロンゴ」、五味太郎「ヘリコプターたち」、佐々木マキ「変なお茶会」、ささめやゆき「マルスさんとマダムマルス」、佐野洋子「うまれてきた子ども」、スズキコージ「サルビルサ」、瀬川康男「ふたり」、タイガー立石「顔の美術館」、大道あや「けとばしやまのいばりんぼ」、田島征三「ほら いしころが おっこちたよ ね、わすれようよ」、田島征彦「そうべえ ごくらくへ ゆく」、高部晴市「サーカス」、たむらしげる「クジラの跳躍」、長新太「ちへいせんのみえるところ」、手島圭三郎「きたきつねのゆめ」、西巻茅子「えのすきなねこさん」、西村繁男「やこうれっしゃ」、林明子「こんとあき」、長谷川集平「トリゴラス」、東君平「くろねこかあさん」、堀内誠一「どうくつをたんけんする」、丸木俊「ひろしまのピカ」、宮本忠夫「えんとつにのぼったふうちやん」、村上東成「イルカの風」、元永定正「がちゃがちゃ どんどん」、柳生弦一郎「はなのあなのはなし」、柳生まち子「いえでだ ブヒブヒ」、薮内正幸「おかあさんといっしょ」、山本容子「おこちゃん」、油野誠一「まじょの おとしもの」、渡辺有一「たろうとつばき」、和田誠「ねこのシジミ」、アーサー・ガイサート うめもとのりこ訳「こぶたのABC」、アーノルド・ローベル 三木卓訳「ローベルおじさんの どうぶつものがたり」、アニタ・ローベル セーラー出版編集部訳「アリスンの百日草」、アレン・セイ 水田まり訳「じてんしやのへいたいさん」、アリス&マーティン・プロヴェンセン 脇明子訳「パパの大飛行」、アン・ジョナス 角野栄子訳「あたらしい おふとん」、アンソニー・ブラウン あきのしょういちろう訳「ウィリーとともだち」、アンドレ・ダーハン きたやまようこ訳「いぬのザッパ さいこうの日!」、イシュトバン・バンニャイ「ズーム」、ウィリァム・スタィグ おがわえつこ訳「みにくいシュレック」、イブ・スパン・オルセン 木村由利子訳「おとなをつかまえよう」、エリサ・クレヴェン なぎともこ訳「エルンスト」、エリック・力-ル もりひさし訳「くもさん おへんじ どうしたの」、カレン・バーバー こだまともこ訳「なかよくしたら?」、カブリエル・バンサン「アンジュール-ある犬の物語」、クヴィエタ・パツォウスカー 池田香代子訳「まる さんかく しかく」、クェンティン・ブレイク「ピエロくん」、クリス・バン・オールスバーグ 辺見まさなお訳「ジュマンジ」、クォン・ユンドク みせけい訳「マンヒのいえ」、サッチャー・ハード 脇明子訳「ママはだめっていうけど」、サラ・ミッダ 江國香織訳「おとなになること」、ジェイムズ・スティーブンソン 矢崎節夫訳「ねえ、まだつかないの?」、ジョン・バーニンガム 谷川俊太郎訳「くものこどもたち」、ジョン・ロウ 高橋源一郎訳「あかちゃんカラスは うたったよ」、スーザン・バーレイ 小川仁央訳「わすれられないおくりもの」、デヴィッド・ウィーズナー 当麻ゆか訳「かようびのよる」、ディック・ブルーナ 角野栄子訳「ミッフィーのたのしいびじゅつかん」、ドナルド・クリューズ 田村隆一文「はしれ!かもつたちのぎょうれつ」、トミー・デ・パオラ 鈴木晶訳「ボンジュール、サテイおじさん」、ナジャ 山中きょみ訳「あおいイヌ」、バーバラ・クーニー 掛川恭子訳「ルピナスさん-小さなおばあさんのお話」、バーナデット・ワッツ 佐々木田鶴子訳「かかしのペーター」、ハイディ・ゴーネル 江國香織訳「ときには ひとりも いいきぶん」、バイロン・バートン 中川千尋訳「きょうりゅう きょうりゅう」、ピーター・シス 二宮由紀子訳「ずーっと しあわせ」、ピーター・スピアー「雨、あめ」、フィリップ・コランタン 野村眞里子訳「アフリカにいきたい!」、ブライアン・ワイルドスミス 長瀬禮子訳「ポールとペリカン」、ペラ・B・ウィリアムス 佐野洋子訳「かあさんのいす」、マーカス・フィスター 谷川俊太郎訳「ミロとまほうのいし」、マイラ・カルマン 片岡みい子訳「ウーララー! マックス、パリで恋をする」、モーリス・センダック 脇明子訳「まどのそとの そのまたむこう」、M・B・ゴフスタイン 谷川俊太郎訳「生きとし生けるもの」、ヨゼフ・ウィルコン いなばゆう文「What is this? なにかしら」、ラルフ・ステッドマン 安部直訳「だあれ」、ルーシー・カズンズ 五味太郎訳「メイシーちゃん ベッドにはいります」、レイン・スミス 青山南訳「たのしい ホッキー フアミリー!」、レイモンド・ブリッグズ「ゆきだるま」、レオ・レオニ 谷川俊太郎訳「マシユーのゆめ-えかきになったねずみのはなし」、ロブ・ルイス 船戸佳子訳「はじめてのふゆ」。

1998年、平凡社
152頁、29×22cm、ソフトカバー

« 「芸術新潮 1998年11月 特集:《睡蓮》極楽紀行「オランジュリー」はパリのオアシス」(古書) | トップページ | 「太陽 1994年7月 No.397 特集:憧れのプロヴァンスへ」(古書) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「芸術新潮 1998年11月 特集:《睡蓮》極楽紀行「オランジュリー」はパリのオアシス」(古書) | トップページ | 「太陽 1994年7月 No.397 特集:憧れのプロヴァンスへ」(古書) »