カテゴリー

« 「芸術新潮 1995年2月 特集:“ほんもの”とは何だろう? 白洲正子+アレックス・カー」(古書) | トップページ | 「芸術新潮 1996年1月 特集:セザンヌは生きている」(古書) »

「芸術新潮 1995年6月 特集:巨匠にもポルノグラフィ」(古書)

おすすめ本は 町の入口ホームページ町の入口Yahoo!ショッピング店 で在庫確認できます。



◎おすすめ本

レオナルド・ダ・ヴィンチ、レンブラント、クールベ、ミレー、セザンヌ、ロダン、巨匠たちが“性”に注いできた熱い眼差しでたどる、眼からウロコのエロティックな美術史!(表紙より)

1995年、新潮社
144頁、28.3×21cm、ソフトカバー

« 「芸術新潮 1995年2月 特集:“ほんもの”とは何だろう? 白洲正子+アレックス・カー」(古書) | トップページ | 「芸術新潮 1996年1月 特集:セザンヌは生きている」(古書) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「芸術新潮 1995年2月 特集:“ほんもの”とは何だろう? 白洲正子+アレックス・カー」(古書) | トップページ | 「芸術新潮 1996年1月 特集:セザンヌは生きている」(古書) »