カテゴリー

« 「芸術新潮 1993年11月 特集:現代人の伊勢神宮/篠山紀信が見たアトリエのバルテュス」(古書) | トップページ | 「芸術新潮 1995年2月 特集:“ほんもの”とは何だろう? 白洲正子+アレックス・カー」(古書) »

「芸術新潮 1994年10月 特集:パリ、1874 印象派誕生に立ち会う旅」(古書)

おすすめ本は 町の入口ホームページ町の入口Yahoo!ショッピング店 で在庫確認できます。



◎おすすめ本

1874年、印象派の第1回展開催! 暗く薄汚れたパリの街も、今見るような近代都市へと大変身。すべてが動いていた120年前のパリへタイム・トリップ!!(表紙より)

1994年、新潮社
152頁、28.3×21cm、ソフトカバー

« 「芸術新潮 1993年11月 特集:現代人の伊勢神宮/篠山紀信が見たアトリエのバルテュス」(古書) | トップページ | 「芸術新潮 1995年2月 特集:“ほんもの”とは何だろう? 白洲正子+アレックス・カー」(古書) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「芸術新潮 1993年11月 特集:現代人の伊勢神宮/篠山紀信が見たアトリエのバルテュス」(古書) | トップページ | 「芸術新潮 1995年2月 特集:“ほんもの”とは何だろう? 白洲正子+アレックス・カー」(古書) »