カテゴリー

« 「カーンワイラー 画商・出版人・作家」(古書) | トップページ | 「現代美術コテンパン」(古書) »

「モダン・アートの哲学」(古書)

おすすめ本は 町の入口ホームページ町の入口Yahoo!ショッピング店 で在庫確認できます。



◎おすすめ本

「序文」「1.芸術における現代」「2.第二次大戦末におけるヨーロッパ芸術の状況」「3.現代絵画の宿命」「4.人間的芸術と非人間的自然」「5.現代芸術における写実と抽象」「6.シュルレアリスムと浪漫主義の原理」「7.ポール・ゴオガン」「8.パブロ・ピカソ」「9.パウル・クレエ」「10.ポール・ナッシュ」「11.ヘンリィ・ムーア」「12.ベン・ニコルスン」「13.構成主義」「14.イギリスの美術」(目次より)・・・「ポール・ゴオガン」や「パブロ・ピカソ」以下、数人の芸術家を論じた各章は、それぞれの芸術家にかんする最もすぐれた研究論文として、いまもなお不滅の価値を宿している。(訳者あとがきより)

ハーバート・リード(宇佐見英治、増野正衛 訳)、1992年、みすず書房
383頁、19.5×13.5cm、ハードカバー

« 「カーンワイラー 画商・出版人・作家」(古書) | トップページ | 「現代美術コテンパン」(古書) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「カーンワイラー 画商・出版人・作家」(古書) | トップページ | 「現代美術コテンパン」(古書) »