カテゴリー

« 「抽象芸術」(古書) | トップページ | 「象徴派とデカダン派の美術」(古書) »

「幻想芸術」(古書)

おすすめ本は 町の入口ホームページ町の入口Yahoo!ショッピング店 で在庫確認できます。



◎おすすめ本

幻想はいたるところに存在する。暗黒の中世から未来の破滅におののく現代まで。本書は,人間に根源的に内在する不安のイメージ,それらのフォルムを体系的にまとめるとともに,幻想の近代的形態ならびに今日の芸術と思考の中で幻想の占める位置をたずねようとする。〈内容〉妖怪の森/不安な空間/メタモルフォーゼ/幻視者と見者/神話の創造/幻想的現実など。(紀伊国屋書店の書籍案内より)

マルセル・ブリヨン(坂崎 乙郎 訳)、1980年、紀伊国屋書店
496頁、図版74(内、カラー19)、21.5×16cm、ハードカバー

« 「抽象芸術」(古書) | トップページ | 「象徴派とデカダン派の美術」(古書) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「抽象芸術」(古書) | トップページ | 「象徴派とデカダン派の美術」(古書) »