カテゴリー

« 屋根の上の虹 | トップページ | ダ・ヴィンチの傑作「受胎告知」が来日! »

縄文時代の土偶 「仮面の女神」

Jomon300

◎気まぐれフォトカット

奥蓼科の温泉に泊った帰りに時間があったので訪れた尖石(とがりいし)縄文考古館に展示されていた土偶です。
この土偶は2000年8月に茅野市の中ッ原遺跡で出土した縄文時代後期前半(約4000~3500年前)の仮面土偶で、妊娠した女性が顔に三角形の仮面のようなものをつけており、渦巻きやたすきを掛けたような文様の装飾もほどこされています。
全長が34cmの全身がほぼ完存する大型の土偶で、2006年に国の重要文化財に指定されています。

Jomon_replica128
思わず買ってきたレプリカです ^^;

« 屋根の上の虹 | トップページ | ダ・ヴィンチの傑作「受胎告知」が来日! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縄文時代の土偶 「仮面の女神」:

« 屋根の上の虹 | トップページ | ダ・ヴィンチの傑作「受胎告知」が来日! »